【遊戯王】苦渋の決断が竜剣士・竜魔王をサーチできる強力なサポートカードなので高騰【考察】

相互RSS

苦渋の決断が竜剣士テーマにより高騰中

苦渋の決断は、先日発売のブレイカーズオブシャドウに収録された、竜剣士マスターPと相性が非常に良いです。

苦渋の決断は、マスターPを墓地に送って、さらにサーチをすることができます。

苦渋の決断

通常魔法
「苦渋の決断」は1ターンに1枚しか発動できない
(1):デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を墓地へ送り、
その同名カード1枚をデッキから手札に加える。

竜剣士マスターP

ペンデュラム・通常モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1950/守 0
【Pスケール:青3/赤3】

(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

【モンスター情報】
同志たちの力を得て成長した「竜剣士ラスターP」の姿。
謎の呪いをかけられて竜魔族に似た竜の力を発現しているが、
それ以前の記憶が全て失われており、真相は定かではない。
“竜化の秘法”がその呪いと記憶を紐解く鍵だと信じて、
今日も悪の魔王を討つべく旅を続けている。

増援、おろかな埋葬を同時に行います。

竜剣士テーマとしては、新規融合モンスター、剛竜剣士ダイナスターPの効果を使いやすくなります。

剛竜剣士ダイナスターP

 融合・効果モンスター
星8/水属性/ドラゴン族/攻2000/守2950
「竜剣士」Pモンスター+Pモンスター
自分フィールドの上記カードをリリースした場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「竜剣士」Pモンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは融合素材にできない。

ダイナスターPの墓地釣り上げにより、竜剣士のシンクロ、ペンデュラムと展開が可能になります。

爆竜剣士イグニスターP

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2850/守 0
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上

(1):1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体
またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはS召喚の素材にできない。

昇竜剣士マジェスターP

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/ドラゴン族/攻1850/守2000
レベル4のPモンスター×2

(1):このカードがX召喚に成功した時に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキからPモンスター1体を手札に加える。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「竜剣士」Pモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはX召喚の素材にできない。

竜剣士も特殊召喚先が増え、かなり強化されました。

それぞれの効果から考えると、

・シンクロは、デッキからの竜剣士サーチ・除去の高打点アタッカー

・エクシーズはエクストラから竜剣士を引っ張りだす展開の補助、Pモンスター万能サーチによるサポーター

・融合は耐性付与、墓地からのつり上げによるアド回復、高い守備によるディフェンダー

こんな感じですね。

竜剣士は他のランク4テーマの強力な汎用(出張)パーツなので、安いうちに手に入れておきたいです。

竜剣士以外でも、今後強力なバニラペンデュラムが出てくるはずなので、苦渋の決断は制限がかかる必須カードになる気がします。

苦渋の決断は少しづつ高騰しているので、早めに買っておくことをおすすめします。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA